矯正のときの痛みについて

歯並びを改善するための治療を行う矯正は、人気があります。


しかし、歯を動かすために、装置をつける必要があり、痛みを感じる人がいます。

痛みが弱い人は特に、歯並びを治したくても治療に行けないことがあります。

矯正の痛みとはどのようなものでしょうか。まず、矯正するときにつける、ワイヤーなどの装置が唇や粘膜に当たって痛むというケースです。

渋谷の矯正を調べるならこのサイトです。

舌が当たるときも痛むことがあり、慣れるまでに口内炎ができてしまうことがあります。



口内炎は4個はできるという気持ちでいると、気が楽になります。口内炎と装置の両方が気になって仕方ないという時は、先生に相談すれば口内炎のための塗り薬を出してもらえます。


そして、何もしていなくても痛いという状態になることもあります。

歯に装置をかけることで、歯がだんだん動いていくために痛みを感じるのが原因です。


この痛みは、装置をつけたから1週間ほどでピークを迎え、じょじょに痛みを感じなくなっていきます。


噛むと痛いという場合もありますが、2週間ほどで慣れるので、最初はやわらかいものを食べるようにするといいでしょう。

さらに、予想していなかった痛みとして、頬の内側の粘膜を噛んでしまうということがあります。

歯が動くことで、噛み合わせが変わって今までと噛む場所が変わることで起きる症状ですが、正しい噛み合わせになっていく経過の段階に起こります。

噛み合わせが安定するに従い、噛むことはなくなりますが、一度噛んだ場所が癖になることもあるので、気を付けましょう。

はてなブックマーク情報を探しましょう。